文字サイズ:
日本

インターエイシア について

社名 インターエイシアライン株式会社
設立 昭和42年9月
資本金 9,800万円
事業 海上運送業、海上貨物集荷代理業、船舶代理業、等
本社 〒100-0011 東京都千代田区内幸町2丁目2番2号 富国生命ビル3階
電話 03-3580-6555/FAX 03-3580-6575
支店 〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町3-3-8 山口興産ビル8階 
電話 06-4704-8210/FAX 06-4704-8213


当社は、東南アジア全域にわたり定期航路の開設ならびに不定期船の運航を目的として、昭和42年9月、日南海運株式会社として発足し昭和44年4月、現在のインターエイシアライン株式会社と商号変更を致しました。

設立後、非常に流動的な近海市場の中にあって、常に収益の長期安定化を目指し、航路の選定、適正船隊の拡充、海外代理店網の増強等、地道な努力を続ける一方、近海定期航路における物流機構の変革動向を予見し他社にさきがけて、自信をもって東南アジア航路のコンテナ化に着手する等の積極的な対応をしてきました。

昭和44年春より、手始めとしてセミコンテナ船(在来船)をもって日本/台湾間の往復コンテナ輸送に踏み切り、昭和49年4月、新造フルコンテナ船2隻を投入、半年後の同年9月より更に航路を伸長し(日本/台湾/海峡地区<シンガポール及びマレーシア>)フルコンテナ船サービスをも開始しました。爾来東南アジア諸国の著しい経済発展と相まって、同地区の貨物のコンテナ化は確実に増加し続けた為、更に昭和52年9月には第3船新造フルコンテナ船、昭和53年9月には第4船改造フルコンテナ船を本航路に追加就航せしめ、WEEKLY SERVICEを確立するに至りました。

その後、更に輸送体制の安定と強化を計るため続々と大型化を進め500 TEU積新造フルコンテナ船を昭和57年に2隻を投入、平成3年には新造1,200 TEU積船2隻を投入するなどして努力を重ねて参りました。また、平成2年には、WAN HAI LINES LTD.(株)と共同配船の契約を締結し、東南アジア地域でのサービス網をより一層充実させました。更に平成4年12月には在来船部門を分離しました。

平成7年には、3隻目の1,200 TEU積フルコンテナ船を投入、WEEKLY SERVICEの強化を行いました。平成12年には、新造船と入替え、船隊の若返りを図り、更に平成13年よりWAN HAI LINES LTD.(株)、(株)商船三井とともに3社による共同配船に移行し、1,800 TEU積船を投入する等してサービスの拡充を計りました。

一方、平成12年から500 TEU積フルコンテナ船3隻を投入して開設した日本/香港/バンコク/日本航路も大型船化を計り、平成13年9月から1,000TEU積同型船3隻を投入する等して本航路も更に拡充致しました。 又、平成16年よりマレーシアのポートケラン港を積み替え港としてインド、パキスタン、中近東、又、その他アジア近隣諸国(ミャンマー、インドネシア、バングラディッシュ等)向けにもフィーダーネットワークを構築しこれらの地域も積極的に営業展開をしております。

更に平成18年春より中国蛇口に代理店を置き中国のサービスを強化する為、新しくSuper Express 3 Services 日本/香港/蛇口(中国)/海峡地/香港/日本の航路を開設致しました。今後もより一層の安定したサービスの強化及び拡充に努めると伴に、荷主各位の御要望に応えるよう鋭意努力を重ねる所存です。

昭和42年 9月 日南海運株式会社 設立
昭和44年 4月

インターエイシアライン株式会社 に商号変更
同年春より、セミコンテナ船による日本/台湾間のコンテナ輸送サービスを開始

昭和49年 4月 新造フルコンテナ船「ASIAN PEGASUS」および「ASIAN PRINCESS」を投入
日本/台湾間のWEEKLY SERVICEを確立
9月 日本/台湾/海峡地区(シンガポール及びマレーシア)フルコンテナ船サービスを開始
昭和52年 9月 第3船新造フルコンテナ船ASIAN PALLAS 就航
昭和53年 9月 第4船改造フルコンテナ船ASIAN PATROOS 就航
日本/台湾/海峡地区(シンガポール及びマレーシア)航路のWEEKLY SERVICEを確立
昭和57年 5月 輸送体制の安定と強化を図り船の大型化を進める。
新造フルコンテナ船ASIAN PROGRESS 就航
12月 新造フルコンテナ船ASIAN PLUTUS 就航
平成2年 11月

台湾船社のWAN HAI LINES LTD.と協同配船の契約を締結
東南アジア地域でのサービス網を充実させた。

平成3年 5月 1,200TEU積 新造船ASIAN POLLUX 就航
6月 1,200TEU積 新造船ASIAN PEGASUS 就航
平成4年 12月  在来船部門を分離
平成7年 10月 フルコンテナ船1,200TEU積 SEA RANGER 就航
日本/台湾/海峡地区(シンガポール及びマレーシア)航路のWEEKLY SERVICEを強化
平成12年 1月 1,200TEU積ASIAN POLLUX等と同型船のACX ROSEとを入替え
船隊の若返りを図る。
4月 BUNGA MASLAPAN等500TEU積フルコンテナ船3隻を投入
日本/香港/バンコク航路開設
9月 日本/香港/バンコク航路の船をBRAVE EAGLE等 800TEU積船3隻と入替
平成13年 7月 WAN HAI LINES LTD.および株式会社商船三井の3社による共同配船に移行
LIGWA 1,800TEU船を追加就航し、サービスを拡充
9月 CAPE CREUS等 800TEU積船3隻を投入
日本/香港/バンコク航路の安定サービスを強化
平成16年   インド、パキスタン、中近東へのフィーダーネットワークを構築
平成18年  

中国蛇口に代理店を設立し、中国華南地区の拡充を図る。 子会社及び関連会社が
マレーシアとミャンマー、インドネシア等を結ぶフィーダービジネスを開始

平成22年   中国上海、黄浦、ベトナムダナン、ホーチミンにサービスを拡張
同サービスにコンテナ船1隻を投入し、ワンハイラインズとの共同運航を開始

本社所在地

社名 インターエイシアライン株式会社
本社 〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル3階
電話(03)3580-6555 ファックス(03)3580-6575

インターエイシアライン株式会社 本社所在地地図

大阪之店所在地

社名 インターエイシアライン株式会社 大阪支店
大阪支店 〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町3-3-8 山口興産ビル8階
電話(06)4704-8210(代表) ファックス(06)4704-8213
最寄駅 地下鉄御堂筋線・地下鉄中央線 本町駅 徒歩2分

地図 大阪支店